ドイツ旅行で地ビールとソーセージ(ヴルスト)!特におすすめヴルスト2選とは?

  • Tavijo×美女図鑑
  • Tavijo×美女図鑑

ドイツ旅行を満喫するためにはやっぱり・・・。ドイツと言えばビールとソーセージ!なんて冗談のように言われますが、やっぱりそこは外せません。

ドイツ旅行で地ビールとソーセージ(ヴルスト)は鉄板

doitu-beer-vurusuto-kanpai

フランスなどに比べれば地味だけれども、地ビール、ヴルストの他にも黒パンやブレッツェル、白ワインなど、地味においしいものがたくさんあるのがドイツでした。

ドイツ旅行なら地元スーパーで地ビールを

ビールは本当に各町にあるのではないかというくらい、地ビールが盛んな国で旅で土地を変えるごとに地元のスーパーに入ってみるのは欠かせません。

そんなビールにぴったりなのが、なんといってもドイツのソーセージ!

ドイツ語でいうとヴルスト(Wurst)です。

焼きヴルストのじゅわっと肉汁感がたまらない

香ばしく少し厚手の皮が、人柄の良さそうなドイツのおっちゃんによって無造作にスタンドの火で焼かれて破れ、汁がじゅわっと出てくる。

それをその場でバゲットに挟んで3~4ユーロで出してくれるともう2個でも3個でも食べたくなります。

ドイツのヴルストはいろいろ

そしてやっぱり、ドイツのソーセージは有名なだけあって、いろんな種類があるんですよね。

もちろん私も全て試せたわけではないのですが、細長いのから太短いのから、ペッパーやハーブの入ってるものまで選り取りみどりです。

バーベキューなどに最適な、焼いておいしいブラートヴルストや、塩気の多いサラミ。

ハムに関しては特に、豆が入ってたり野菜の細かいのが入ってたり見た目も味もバリエーションが豊富!

よくスーパーの中にもお肉屋さんコーナーがあって、重さで注文できるので、ホテル飲みでもいいからハムも試してみてほしいです。

特におすすめヴルスト2選とは?

中でも特にお勧めしたいのは二つ!

ニュルンベルガーヴルスト(Nurnberger Wurst)

一つ目は、ニュルンベルガーヴルスト(Nurnberger Wurst)です。

ニュルンベルガーヴルストは、ドイツの都市ニュルンベルクのソーセージ、ということ。

薄い皮の細めのソーセージでハーブが中に練り込んであり、ザウアークラウトと食べてもホットドッグにしても独特のハーブの香りがしてとってもおいしいです。

もちろん太くてどっしりした感じのブラートヴルストのホットドッグもいいのですがそれを食べ飽きた頃にかわり種として食べるとなぜこれが日本で手に入らないのかと恋しくなるくらいに癖になります。

もしホテルでなくゲストハウスのような、キッチンの使える場所に留まるなら、ナポリタンなどに入れるソーセージとして用いるのでも最高です。

そして一番のお勧め、これを知らずにドイツのソーセージを語ってはいけない!と思われるのが!

ミュンヘン地方のホワイトソーセージ、ヴァイスヴルスト

昔は肉の鮮度の問題もあり、産地のミュンヘンでも肉が新鮮な午前中にしか注文できなかったそう。

もちろん現在は冷蔵庫という強~い味方がいるのですが、今でもその頃の風習を大事にしているミュンヘンのお店では、お昼の12時までに注文しないと食べられないというレストランもちょくちょくあります。

そういう伝統の守り方も面白いですね。

ヴァイスヴルストは、意外なことに皮は食べないことになっています。

熱々ほっかほかの茹でた白ソーセージに、縦にスーッとナイフを入れて半分に切り、ナイフとフォークで上手に皮から身を剥がして食べるのが通の食べ方。

中身はお魚ソーセージのように柔らかくて、あったかくて、それを一口サイズに切って、ハニーマスタードにつけていただきます。

ん~、思い出しただけで唾が。。。

ドイツ旅行はミュンヘンのビアガーデンで大ジョッキビールも

doitu-beer-vurusuto

ほっこりふわふわで甘辛い、極上の幸せな時間と、夏のさらっとした眩しいミュンヘンのビアガーデンで昼間から大ジョッキで飲む贅沢なひと時を、ドイツに行かれる方は是非一度ご賞味あれ。

- NEW TOPICS -

最新記事

INSTAGRAM

美女図鑑で美女と旅の魅力を発信中!

vijozukan
sasasasasasakura

- TAVIJO -

トラベラー&アンバサダー

カンダ

Tavijoトラベラー

カンダ

t12345vxq

みーやん

Tavijoトラベラー

みーやん

mi_yan0101

- TAG -

いま話題のキーワード

page top